クレジットカードを得る前提として希望者本人自身がカードを保有可能な年齢であるという必須事項がございます。違う場合はないとは言えないけれども、原則的に、18?65才程度の範囲の人間がターゲットになっている事に着目して欲しいと思います。20歳未満は父母の承認してもらうことが必須≫まずはさておきはっきりしているのは18才未満であるという場合においては残念ながらクレジットカードの所持は出来ないと思って頂いた方が良いでしょう。義務教育期間を終えるとその直後から、正社員として給料をもらっている苦労人の方も数多くいらっしゃると考えますが原付の免許というようなものと同じで、決められた年頃にならない限り発行は出来ないものだと考えて頂いた方が良いです。高校卒業直後の18才?19才に該当する場合…使用希望者がたとえば18才?19才の大人でない方のケースにはどんなに安定した収入のある企業に就職しているおかげで年収が著しく高いというケースでも、父または母の同意を得ることが必須となるのが普通なのでこちらも留意することが要求されます。ちなみに、学部生や専門学校通学者などという学校生のケースを考えて学生カードなどと呼称される学校の生徒のお財布事情に合わせたクラシックカードが用意されている事実があるので、それに該当するカードを狙うのが確実です(こういったやり方以外だと申請手続きが通らないなどということはように考えられます)。あるいは、あなた自身でクレジットの使用手続きを実行しなくても、父親または母といったご両親の方々が保持されているクレジットの家族カードを利用させて貰うことも一つの手段であるゆえに、何かにつけ支出についての記録が億劫だと思っているのならば頼み込んでみるというのも一つのやり方でしょう。18歳になっていても高等学校生はクラシックカードを所持できない→尚、18歳だったからといって高校生はクレカを通常は所持することは可能であるとは言いがたいです。ただし、専門的な訓練等を行うような特別な4年制もしくは5年以上で卒業する高等教育機関(医療系専門学校などの学校)の条件については高校生でも学生専用カードの発行が許諾される状況がカードの種類によってはあり得るのでカードの所有にこだわっている時があればあなたが検討しているクレジットカード会社のフリーダイヤルで電話してみてほしい