通常、カードの上限額が日々支払う以上に多くしているとユーザーは大丈夫だと思い誤って必要以上にを使ってしまったりするようですね。こうしたカード乱用を軽減する目的で使用できる限度額を少なくしておこうということがこの文の主旨となります。月ごとの限度額を引き下げる手順◎上限額を引き下げるには、月ごとの限度額の引き上げ手順と大差なくなんとも簡単です。カードのサインのある面に載っているフリーダイヤルに電話をし「月の利用限度額を減らしてください」と希望をオペレーターに対して言うだけです。だいたいは今現在の月ごとの限度額に比べ下であれば、込み入った審査もなくスムーズに限度額の引き下げが終わります。カードの限度額を引き下げるのは危険を避けることへと繋がっている△月の利用限度額引き下げは節約というメリットはもちろん防犯にもつながります。もし仮に、使っているクレジットカードが盗られて知らない間に使用されてしまったとしても、クレジットカードの上限を低めにコントロールしていたなら害をなるべく避けるように可能なためです。ここで言っておきたいのは、万が一クレカが勝手に使用されてしまったトラブルでもクレカの利用者に明らかな過失がないなら盗難保険として知られているしくみが加入者を助けてくれるし過度な心配は必要ないですが、数パーセントの可能性のために、利用限度額はセーブしておくのも良い方法だと思います。不必要な上限額はデメリットとしか言えないでしょう。