大抵の車の保険会社は親切丁寧と告知していますが、自動車事故を起こした際に間違いなくきちっと取り扱ってくれるか気になるところです。ことさらインターネットで加入できるダイレクト型と称する代理店所有していない自動車保険会社では対応が分かりにくいことが不安になるかもしれません。だからといって、ダイレクト系自動車保険と実在の店が整っている保険屋さんの取扱いにそれほど大きな差はないですし、ダイレクト型のほうが人件費が節約できる分保険料が安く抑えられているので車の事故を起こさなければ月々の保険料を下げることが可能です。それでは、自動車保険によって取扱いに相違が存在するかといわれれば答えはイエスです。その違いは代理店型自動車保険ダイレクト型といった判断ではなく、それぞれの自動車保険ごとに事故処置をしてくれる時間帯や日にちが別になることが挙げられます。自動車事故はどんな場面であうか推測できませんので事故対応は四六時中受付してくれるのは必要な条件でありますしそして休日や朝早くにそのような対応がきちんとしていることをチェックすることが大切です。保険会社によっては、24時間対応と言っていても事故の対応時間が平日と休日で異なり切り上げられる保険の会社もあったりしますので確認を忘れてはいけません。これとは別に万が一に備えて自動車保険会社の処理拠点もちゃんと調べておきましょう。どのくらい保険屋さんでも事故拠点が多くなければ事故の処理ができないこともありますので、家の近くに事故拠点があるかを事故処理の差異を評価する基準です。大きな自動車保険の会社は区間ごとに拠点を保持している場合もございますので事故対応も満足でき自分で行う事故処置もきっちりと話をしてくれると評判がいいです。