外国為替市場の外国為替証拠金取引を、詳しく見てみます。外国為替証拠金取引のやり方は、金をやり取りすることによりそれらの差し引いた利益をもらうといったようなやり方となります。こういった二つの国のお金の関係で出る差をスワップ金利と呼びます。スワップ金利というのは、本来はスワップポイントと呼んでいるとのことです。スワップ金利は、毎日でも獲得する事ができますけれども、日ごとの相場の動向次第で変わるのです。こうした外国為替証拠金取引(FX)のスワップ金利をもらうことが目的で、外国為替証拠金取引の為替取引をしている人たちもいるのです。スワップポイントは、FX業者によって違うところがあるためわずかでもスワップポイントが高い業者を利用したいものですね。けれども、スワップ金利(スワップポイント)は為替が変わると変化するので要注意です。また為替の取引をやるには図を読める事が必要になります。チャートを読めれば為替トレードの動き方を読む事が出来るようになるのです。為替取引を初めてやる人が見たとしたら、いったい何のチャート?などと難しく感じるでしょうが重要ポイントをつかんでおくことによりグラフを読む事が可能となるみたいです。どの辺りから円が上昇しているあるいは下がっている等ここで最も円安になるとこのグラフを理解する事で判断が可能となり為替取引をするには大変大切なデータとなるそうです。上記の図は日本では一般的にローソク足(陰陽足)が使われており名前のままローソクの形に似た図で示されているのです。そのようなローソク足では、高値と安値、そして終値とか始値等を示されていてグラフ上で様々な形になって行きます。